メールでのお問合せ

社労士事務所カネコ
〒350-0272
埼玉県坂戸市末広町8-20

     オリイビル201号
TEL.049-288-4820
FAX.049-288-4320
受付:月~金9:00~19:00
※土曜日対応も可能です。

主な業務内容

就業規則の作成・変更、人事制度・退職金制度の設計、給与計算、社会保険・労働保険手続き、労災特別加入、人事・労務管理相談、年金制度、労働トラブル相談、セミナー講師等、各種ご相談承ります。

対応エリア

埼玉県エリア
坂戸市、川越市、東松山市、熊谷市、深谷市、ほか埼玉エリア。

その他
東京23区、千葉、神奈川など可能な限り対応致します。

ブログ 年金・保険・労働

ブログ更新中

2015/07/01 ホームページをリニューアルしました


 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820

ドライバーの評価

勤務評価

  会社は何に対して賃金を支払うのでしょうか。
賃金を支払うことの本来の意味合いとしては、労働の対価ではないでしょうか?
労働時間に応じて支払っているのでしょうか?
成果に対して支払っているのでしょうか?

いろいろと考えられますが、一つだけ明確なことはあります。それは、「賃金は会社の人事戦略である」ということです。どのような人材に対してどれだけの賃金を支払うかということです。定型業務を確実に遂行する人材が当社にとって良い人材なのか、長期間会社に在籍する人が当社にとって良い人材なのか、勤続期間は短くても圧倒的な成果を上げる人が当社にとって良い人材なのか、会社にとっての良い人材は様々です。会社にとっての良い人材に高額の賃金を支払うことが会社から従業員へのメッセージなのです。
そして賃金制度とは、会社にとって良い人材には高賃金を、そうでない人材にはそれなりの賃金を分配する制度なのです。つまり賃金制度とは評価制度なのです。

評価と一言で言っても、わかりにくいかもしれませんので、簡単にいいますと、「評価とは、育成ツール」です。会社にとっての良い従業員のモデルをイメージしてください。ここで注意していただきたいことは、「当社にとって」良い人材ですので、業界共通の良い人材とは限りません。そのイメージした当社にとって良い人材を、具体的に文書にします。仕事に取り組む姿勢、基本的な技術や能力、会社が期待する仕事の成果、他の従業員との協力性等のことを挙げていきます。そしてその挙げた項目をどの程度達成できているかを見極め、点数化します。その点数によりランク付けし、給与に反映させます。反映させる対象として基本給、諸手当、時間外割増単価、賞与、退職金、社長表彰等が考えられます。

評価項目

始業・終業

  • 会社が指示した時間よりも早く出勤していない
  • 始業点検等にもとづいて自分で点検している
  • 車両の点検要領を的確につかみ、常時運転に支障が無いように点検している
  • 故障箇所の見逃しがなく、故障箇所の発見、見分けができている
  • 部品、タイヤの更新時期を把握し、的確な点検が効率よくできている
  • 乗務開始前に所定の日常点検表により、車両の点検を行い、運行管理者に点検結果を報告し確認を受けている
  • 乗務終了後、運行管理者による対面点呼を受け、所定の報告を行っている
  • 終業後は速やかに事業場から退出している

出荷・積込

  • 指示書を読み、積込品を把握できている
  • 指示に従い、標準時間内で積込作業ができている
  • 安全を留意し、標準時間内で積込作業ができている
  • 運送中の安全、特に荷崩れが発生しないよう適切に対応できている

運転操作

  • 安全運転のために道路交通法規を理解し、安全運転を行っている
  • 交通安全のための関連法令に明記された運転者の義務や遵守事項に従った運転を行っている
  • 安全運転の基本ルールを交通の場で基本操作等を正しく行っている
  • 効率的な運転で、最小限の運行時間で業務を完了している
  • 荷崩れが発生しないよう道路状況や安全運転に配慮した運転を行っている

車両美化

  • 愛車精神のもと、常に自分の車両に注意を払い、洗車やエンジン、足回り等の点検を行っている
  • 常に車両整備に努め、緊急の運行指示に従っている

突発事態への対応

  • 突発的事態が起きた場合その内容を正確に会社に伝えらことができている
  • 応急処置を的確に行なったうえで、その報告と事後措置について会社の指示を仰ぐことができている
  • 輸配送作業の遂行上において貨物事故を認めたときは、事故損害の拡大防止等適切な措置を行なっている
  • 人身事故の場合は、負傷者の救護を最優先し、その後、最寄りの警察、会社へ連絡している

報告・連絡・相談

  • 作業の進捗状況、終了報告、業務連絡等の報告・連絡を適切にできている
  • 引継ぎ、申し送り事項等の連絡を遅滞無くできている
  • 自己の判断で処理できることとできないことを区別し、迷った場合は独断で判断せず、上司と相談のうえ、問題解決している

運転日報

  • 会社の指示通りに、正確に運転日報を書くことができている
  • 会社から指示されて期間内に運転日報を提出することができている

 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820

燃費

  • 省エネルギー(燃料)の必要性を理解し、実践している
  • アイドリングストップやエコドライブなど燃費好向上ための行動を実践している

事故等

  • 交通事故(人身事故、物損事故)を起こしていない
  • 運送事故(遅刻、誤配送)を起こしていない

勤務姿勢

  • 会社内および客先で常識的な態度、言葉使いができている
  • 会社を代表することを意識し、節度ある行動を行っている
  • 会社指定の服装を使用し、清潔に保っている
  • 清潔な身だしなみ(髪、顔、手・爪など)、装飾品の不着用を保っている
  • 運転に悪影響となる睡眠不足や飲酒等の日常生活の改善をしている
  • 運転マナーで不足していた点については素直に反省し、上司の助言等を踏まえて今後の運転行動に活かしている
  • 定期に行われる健康診断を受診し、その結果に基づいて健康保持増進に必要な行動をとっている

責任感

  • 困難な作業であっても、避けずに達成させる
  • 誤りや失敗に対して責任回避しない
  • 仕事に対して陰日向無く取り組んでいる

積極性

  • 自ら進んで難易度の高い作業に取り組んでいる
  • 仕事の改善に意欲的に取り組んでいる
  • 常に改善意欲を持ちそれを実践して業務改善に取り組んでいる

規律性

  • 社内規則、会社の指示・命令を遵守している
  • 職場の秩序維持に努めている

協調性

  • 自己の利益だけを考えず、周囲と協力している
  • 働きやすい職場作りを行っている
  • 自分の主張だけでなく、相手の意見も聞き折衝している
  • 相手に自分の意図を伝え、理解してもらえる表現ができている

向上意欲

  • 常に向上心をもって行動している


上記評価項目が出来ているかどうかを採点して、
例えば、合計点数100点で、
90点以上はS
80点以上90点未満はA
70点以上80点未満はB
60点以上70点未満はC
50点以上60点未満はD
50点未満はE
というように評価してランク分けします。

もちろん、各評価項目は会社にとっての良い人材ですので、重要項目に配点を大きくすることが重要です。

 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820

評価の反映

(1)基本給に反映させる賃金体系

基本給 + 時間外手当
事故発生状況、洗車状況、保有資格等を評価項目に入れて、基本給を決定する。
特徴は、シンプルでわかりやすい

(2)諸手当に反映させる賃金体系

基本給 + 諸手当(職能手当、資格手当等) + 時間外手当
特徴は、一般的な賃金体系から変化が少ない

(3)時間外手当に反映させる賃金体系

本給 + 評価を反映させた時間外手当(評価時間外手当)
労働基準法を下回っていなければ、評価時間外手当の時間外単価により支給することが可能
例えば、A評価は時間外単価に100円加算、B評価は時間外単価に50円加算して、法定割増率を乗じて時間外手当を算出

(4)歩合給に反映させる賃金体系

合給(評価により歩合率を決定) + 時間外手当
ドライバーのモティベーションは上がる傾向があるが、長時間労働を助長したり、安全面が軽視される可能性ある
例えば、A評価は歩合率35%、B評価は30%

(5)表彰金に反映させる賃金体系

給とは別に表彰制度を設けて表彰金として支給
表彰のタイミングは毎月、隔月、3箇月に1回、4箇月に1回等

(6)賞与に反映させる賃金体系

賞与支給額を評価により決定する

(7)退職金に反映させる賃金体系

長期雇用を期待して、退職金額を評価により決定する(ポイント制退職金)

 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820

 無料特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」を無料でプレゼント

無料特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」


を作成しました。内容としては、就業規則40のポイント、就業規則の盲点、労働時間と賃金の関係、給与の考え方、シンプルな賃金体系、残業代問題予防、ドライバー向けの36協定についての7項目となっております。

 従業員とトラブルをおこしたくない、賃金制度を見直したい、役所の調査で余計な混乱を避けたい、以上のような運送会社の社長様、労務管理ご担当者様に


特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」

をお送り致します。当事務所は、これまで30社以上の運送業者の就業規則や賃金制度の見直しを行いました。運送業向けの労働契約書(労働条件通知書)、退職合意書、業務注意書、業務指導書、就業規則、賃金規程、退職金規程、各種労使協定の作成、届出等を行うことにより労働トラブルの予防はもちろんのこと、自動車運転者を対象とした労働時間規制である「改善基準」に適用した労務管理体制の構築に効果を発揮しております。


>>こちらのお問合せフォームからお申し込みください。

問い合わせフォームのお問合わせ内容に「無料特別レポート希望」と入力してください。             

 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820