メールでのお問合せ

社労士事務所カネコ
〒350-0272
埼玉県坂戸市末広町8-20

     オリイビル201号
TEL.049-288-4820
FAX.049-288-4320
受付:月~金9:00~19:00
※土曜日対応も可能です。

主な業務内容

就業規則の作成・変更、人事制度・退職金制度の設計、給与計算、社会保険・労働保険手続き、労災特別加入、人事・労務管理相談、年金制度、労働トラブル相談、セミナー講師等、各種ご相談承ります。

対応エリア

埼玉県エリア
坂戸市、川越市、東松山市、熊谷市、深谷市、ほか埼玉エリア。

その他
東京23区、千葉、神奈川など可能な限り対応致します。

ブログ 年金・保険・労働

ブログ更新中

2015/07/01 ホームページをリニューアルしました


就業規則40のポイント

会社を守るための就業規則は、労働基準法で記載しなければならないと定められている内容の他に、会社の秩序維持のために、また、将来において予測されることをも見据えて考えなければなりません。そこで今回、最低限これだけは必要と思われる40のポイントをあげました。ここにあげた40のポイントは会社を守るために必要な事項ばかりですが、取り立てて大袈裟な内容でもありませんし、困難な内容のものではありません。

最近の就業規則の見直し、作成依頼では、会社の考えを強く押し出した就業規則作成の依頼が増えています。とりわけ、社員に要求するレベルが格段に上昇しており、それを文書化することが目立ってきています。とは言うものの、特別困難なことを要求しているのではなく、当たり前のことを当たり前に行うことを要求しているだけです。

この「会社を守る就業規則40のポイント」を一読すれば、今までの就業規則が、大雑把だったか感じられます。

  1. 経営理念や社訓が記載されているか?
  2. 採用手続きは記載されているか?
  3. 入社時誓約書は必要か?
  4. 身元保証人は必要か?
  5. 試用期間を設定しているか?
  6. 研修に関する規定は必要か?
  7. 転勤や職種変更の可能性はあるのか?
  8. 出向の可能性はあるのか?
  9. 海外出張、転勤、出向の可能性はあるのか?
  10. 営業譲渡、分社化の可能性はあるのか?
  11. 降格や解職の可能性はあるのか?
  12. 休職制度は必要か?
  13. 私傷病、精神疾患の対応はできるか?
  14. 休職期間満了、復職の方法は?
  15. 退職の規定はあるのか?
  16. 再雇用制度はあるか?
  17. 辞職、合意退職、当然退職の区別は必要か?
  18. 普通解雇事由は考えているか?
  19. 労働時間の定義はあるのか?
  20. みなし労働時間制を導入する必要があるのか?
  21. 休憩の取り方はどうするのか?
  22. 休日の考え方は?
  23. 時間外、休日労働は必要なのか?
  24. 代休と振替休日の違いは?
  25. 年次有給休暇の取得方法は?
  26. 特別休暇は必要か?
  27. 遅刻、早退、欠勤の届け出は必要か?
  28. 病気欠勤に診断書は必要か?
  29. 管理職に対する労働時間管理とは?
  30. 服務規律の考え方は?
  31. パソコンの使用に関しての注意は必要か?
  32. 携帯電の使用に関しての注意は必要か?
  33. 社内情報管理は必要か?
  34. 個人情報保護は定められているか?
  35. 退職後の競業避止義務は必要か?
  36. 従業員の健康管理は必要か?
  37. 懲戒規定は必要か?
  38. 退職金返済(没収)は必要か?
  39. 懲戒解雇者への弁明機会は必要か?
  40. 損害賠償はできるか?