メールでのお問合せ

社労士事務所カネコ
〒350-0272
埼玉県坂戸市末広町8-20

     オリイビル201号
TEL.049-288-4820
FAX.049-288-4320
受付:月~金9:00~19:00
※土曜日対応も可能です。

主な業務内容

就業規則の作成・変更、人事制度・退職金制度の設計、給与計算、社会保険・労働保険手続き、労災特別加入、人事・労務管理相談、年金制度、労働トラブル相談、セミナー講師等、各種ご相談承ります。

対応エリア

埼玉県エリア
坂戸市、川越市、東松山市、熊谷市、深谷市、ほか埼玉エリア。

その他
東京23区、千葉、神奈川など可能な限り対応致します。

ブログ 年金・保険・労働

ブログ更新中

2015/07/01 ホームページをリニューアルしました


ドライバーの労働時間

労働時間とは

労働時間とはどんな時間でしょうか。
実際に労働している時間が労働時間であることは間違いありませんが、それだけでしょうか。
労働者が労働に従事する場合、一般に使用者の指揮命令のもとに労働するものであるから、労働するために、使用者の指揮命令下におかれる時間は、現実に労働することがなくても労働時間となります。

手待ち時間と待機時間

作業と作業との間に生ずる手待時間は、実際に仕事をしないでいても、仕事があればいつでも取りかかるための待機時間であるので、休憩時間とは異なり労働者はその時間を自由に利用できないため、労働時間とされます。
休憩時間か手待時間かの区別は、労働者が自由に利用できることが保障されている時間であるか否かによります。

拘束時間とは

就業規則等で定められている始業時間から終業時間までの時間を、通常「拘束時間」と呼ばれています。この拘束時間の中には休憩時間が含まれていますが、休憩時間を含めて労働者は一定の拘束を受ける時間という意味で拘束時間と呼ばれています。
しかし、休憩時間は、労働者が権利として労働に従事しないことを保障される時間とされるから、通常、拘束時間から休憩時間を除いた時間を労働時間とみます。

1箇月間の最大労働時間

れでは、法律上、運転者の最大労働時間はどのくらいになるのでしょうか?

労働基準法では所定労働時間は、1年単位の変形労働時間制を導入した場合では、年間2,085時間(1年が365日の場合)で、年間最大労働日は280日と定められています。 また、運転者の時間外労働時間の上限について労働基準法には規定がなく、労働基準法とは別の「改善基準」とよばれる通達で拘束時間については1箇月間の最大拘束時間を、原則293時間、1日の最大拘束時間を原則13時間、と定められています。
それをもとに1箇月間の最大労働時間を考えてみます。


(例)年間単位の変形労働時間を導入していえる会社で、1日の所定労働時間が8時間00分、休憩時間が1時間の会社の場合で、月毎の繁閑を考慮しないで平均して、深夜労働を含まずに考えます。

  • 月間最大労働時間=年間最大所定労働時間2,085時間÷12月=173.75時間
  • 月間最大労働日数 =月間最大労働時間173.75時間÷1日の所定労働時間8時間=21.71…21.5日とします。
  • 月間休憩時間=21.5日×1時間=21.5時間
  • 月間最大労働可能時間=月間最大拘束時間293時間-休憩時間21.5時間=271.5時間 
  • 月間最大時間外労働時間 =月間最大労働可能時間271.5時間-月間最大所定労働時間173.75時間=97.75時間 

時給1,000円として月給を考えます
所定労働時間173.75時間×1,000円=173,750円
時間外手当97.75時間×1,000円×1.25=122,188円
合計295,938円

 ☎ お問い合わせ電話番号 049-288-4820

無料特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」を無料でプレゼント

       

無料特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」


を作成しました。内容としては、就業規則40のポイント、就業規則の盲点、労働時間と賃金の関係、給与の考え方、シンプルな賃金体系、残業代問題予防、ドライバー向けの36協定についての7項目となっております。

 従業員とトラブルをおこしたくない、賃金制度を見直したい、役所の調査で余計な混乱を避けたい、以上のような運送会社の社長様、労務管理ご担当者様に


特別レポート「運送業の就業規則、36協定、労働時間及び賃金体系の盲点」

をお送り致します。当事務所は、これまで30社以上の運送業者の就業規則や賃金制度の見直しを行いました。運送業向けの労働契約書(労働条件通知書)、退職合意書、業務注意書、業務指導書、就業規則、賃金規程、退職金規程、各種労使協定の作成、届出等を行うことにより労働トラブルの予防はもちろんのこと、自動車運転者を対象とした労働時間規制である「改善基準」に適用した労務管理体制の構築に効果を発揮しております。


>>こちらのお問合せフォームからお申し込みください。

問い合わせフォームのお問合わせ内容に「無料特別レポート希望」と入力してください。